瞳に合わせたウェディングブーケで決断出来る女になる

色合わせに自信がないタイプでした…

わたしが瞳に合わせたウェディングブーケを作り始めたのは、
ずっと色合わせに迷っていたからです。

 

色合わせに迷って、
色彩検定受けたり、美術館へ行って色の勉強したり…
自分の目で見て合わせる色に自信がなかったんです。

アレンジして人に可愛いと言われて、
この色合わせ可愛いんだ!?と他人の評価に依存する形でした。

でも他人の評価に依存するって、ツライんですよね…
だって他人に評価されないと、
価値がないように感じ…幸せを感じられないんですよ」。

いちいち他人の評価に振り回されます。

 

そんな自分軸がなかったわたしが
アレンジの色合わせ自信が持てるようになったのは、
米国パーソナルカラーの理論を取り入れたからでした。

 

米国パーソナルカラーとは
大きく分けて4つの分類にカテゴリ分けします。

✔️スプリング

✔️オータム

✔️サマー

✔️ウィンター

 

※季節ではなく、色のカテゴリ名です。

 

この色のカテゴリを理論的に理解することで、
色合わせに迷いがなくなりました。

今では1人ずつに似合う色合わせを提案出来るほどです。

決断力の変化…

米国パーソナルカラーの理論を取り入れてから
色合わせに迷わなくなり、
悩む時間がなくなりました。

即断即決な女に生まれ変わったのです。

 

大人になると即断即決したからこそ、
つかみ取れるチャンスがたくさんあります。

 

仕事、結婚、住む場所…

 

関係ないようですが
自分を取り巻く環境って、
色に囲まれているんです。

色選びに迷わなくなってからは、
自分の人生の選択も迷わなくなりました。

 

結婚とは人生のターニングポイントです。

これから、選択するタイミングがたくさん出てくると思います。

 

どのような人生を歩むかは人それぞれですが、
ウェディングブーケ作りをきっかけに、
選択しやすい人生のスタートを始められることを願っています…

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

リゾート婚専門 瞳の色に合わせた ウェディングブーケサロンhariyun flowerを主宰。 米国パーソナルカラーの理論に基づいて、 一人一人に似合う色を体系的に診断して、 一番似合う色を使ったブーケ・アイテムをレッスンしています。