瞳の色に合わせたウェディングブーケは本物に近づける

瞳の色に合わせたウェディングブーケは

花嫁さまの瞳に合わせることで、
グッと肌の色が美しく見え理想的な結婚式になるアイテムです。

 

花嫁さまを美しく見えることが一番の目的ですが、
同時にブーケとしての完成度の高さ作り上げることが出来るのです。

 

 

ブーケとしての完成度とは?

hariyunflowerでは、
高級な造花を使っています。

 

高級って言っても造花でしょ…?と思われる方もいらっしゃいますが、
使っているアーティフィシャルフラワーは
写真や飾っているだけだと
まるで本物に見えます。

先日も自宅で飾っていた
アーティフィシャルフラワーをみた友人が
『お水はどこに入れるの?』と言っていました。

そのくらい本物と見間違える品質です。
でも、アーティフィシャルフラワーの品質が良いだけで、
本物に見えるわけではありません。

本物(生花)見えるテクニックを使っています。

 

造花が本物に見えるテクニック

 

それは、色の組み合わせです。

米国パーソナルカラーの理論に基づき、
4つに分類した色のグループがあるのですが、
この4つのいずれかに属するように
花を組み合わせているのです。

 

この色のグループに属するように組み合わせるだけで、
本物らしいウェディングブーケに近づけるんです。

 

なぜなら、色の合わせに違和感がないから、
もともとこの色だったかのように見えるのです。

 

造花だけど、より本物の花に近づけることで、ブーケ自体がフレッシュな雰囲気になり、
花嫁さまのナチュラルさを引き出せます。

 

全てを人工的に作り上げるのではなく、
自然のエッセンスを感じ取れるだけで、
見る人は嬉しくなるものです。

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

リゾート婚専門 瞳の色に合わせた ウェディングブーケサロンhariyun flowerを主宰。 米国パーソナルカラーの理論に基づいて、 一人一人に似合う色を体系的に診断して、 一番似合う色を使ったブーケ・アイテムをレッスンしています。