なぜ、結婚式をする方に花の色合わせのことを伝えたいのか

わたしと色

ウェディングブーケを作る上で私が一番こだわっていることは、
色合わせです。

一人一人の似合う色に合わせて、
さらに、ブーケ全体の色のバランスに重点を置いて作成しています。

 

ここまで色にこだわるようになったのは、
色彩感覚に溢れた人に憧れていたからです。

子供の頃に習い事として、
絵の教室に通っていたこともあるのですが、
絵心は、全くありませんでした 笑

 

ワンパクな男の子がとっても繊細な絵を描いていて、
持って生まれた色彩感覚に憧れました。

 

私には持って生まれた色彩感覚は備わっていなかったので…

 

コンプレックスを持ったまま
フラワーアレンジに取り組んでいて
いつも色の組み合わせに自信がありませんでした。

 

そんな20代を過ごしている間に、
お付き合いした彼には
色彩感覚が備わっていました。

一緒に景色を見たり絵を見たり
楽しいけど、色彩感覚が研ぎ澄まされて、鋭いことを言う彼に嫉妬もしました 笑

 

そこで、辞めていた色の勉強を再びしました。

今度はパーソナルカラーの理論を勉強したのです!

パーソナルカラーの理論は今までで一番腑に落ちました。
色彩感覚が備わっていなくても
感覚的に分からなくても
色を論理的に把握出来たのです。

 

人生が変わった・・・

パーソナルカラーに出会ってわたしの人生は変わりました。
洋服選び、メイク、持ち物…
全てが自分に似合う色に囲まれる楽しさを知ったのです。

パーソナルカラーを勉強し終えた頃に
彼との結婚が決まりました!

そして、結婚式の準備を進める中で
結婚式ってこんなに色を選ぶものなんだと知りました!

彼は生まれ持った色彩感覚があるので、
この会場の色はイヤなど感覚的に似合わない色を排除していました。

そう『感覚的に似合わない色を排除する』

結婚式においては大切でした。

 

結婚式で、可愛いからと言って似合わない色を身につけるのは、
もったいないです!

私のように色選びに自信がない方にこそ
瞳の色に合わせたウェディングブーケ作りをお勧めしたいです。


自分に似合う色を知るきっかけに
瞳の色に合わせたウェディングブーケを手にとってみてください。

きっと結婚式の準備がより進むはずです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

リゾート婚専門 瞳の色に合わせた ウェディングブーケサロンhariyun flowerを主宰。 米国パーソナルカラーの理論に基づいて、 一人一人に似合う色を体系的に診断して、 一番似合う色を使ったブーケ・アイテムをレッスンしています。