私がウェディングブーケを瞳の色に合わせる理由

[tooltip text=”TooltipText”][/tooltip]

瞳の色に合わせ始めたきっかけは・・

最初から瞳の色に合わせてウェディングブーケ作りを始めたのではありませんでした。
アレンジの幅を広げるために、色の勉強を深めていくと、
一人一人に合う色が異なり、理論があることを知りました。

この理論がパーソナルカラーです。

パーソナルカラーとは瞳、肌などの本来の似合う色をカテゴライズする理論です。

色々なカラー理論がありますが、
基本的には、瞳、肌などから自然体で輝ける色をカテゴライズに沿って診断する方法です。

 

この理論って、人だけでなく
インテリアや物にも応用することが出来ました。

色のとらえ方を論理的に勉強出来たのは
後にも先にも、このパーソナルカラーのみです。

 

 

瞳に色に合わせる楽しさ

 

hariyunflower(ハリユンフラワー)のウェディングブーケは
パーソナルカラーの理論に基づいていますが、
花の色は単色ではなく、グラデーションがかかった色見なことも多くありますので、
パーソナルカラーで決めた色だけを使用することは、不可能です。

なので、主役である花嫁様の瞳の色に合わせて
美しいグラデーションを生かして
一番似合うウェディングブーケを丁寧に色合わせをしながら制作いただくことが可能です。

 

アーティフィシャルフラワーをご自分の手に持ってみて1本ずつ大切にアレンジすることで
瞳の色とのブレもなく作ることが出来ます。

決して自分の好きだけでつくるブーケではなく
人から見られることを意識したウェディングブーケをご自分の手で作る喜び是非味わっていただきたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

リゾート婚専門 瞳の色に合わせた ウェディングブーケサロンhariyun flowerを主宰。 米国パーソナルカラーの理論に基づいて、 一人一人に似合う色を体系的に診断して、 一番似合う色を使ったブーケ・アイテムをレッスンしています。