沖縄リゾート婚のブーケ花材の選び方

日本で唯一の常夏の、沖縄。
憧れのビーチフォトをするなら、沖縄のビーチがアクセスしやすく、大変お勧めです。

 

そんな沖縄のビーチがで
リゾート婚される花嫁さまにブーケの花材の選び方をお送りします。

 

 

一番オススメの花材

会場提携のフラワーショップで
生花のブーケを頼むことも出来ますが、
こだわりのウェディングを準備中のプレ花嫁さまは、ご自身でブーケも準備することをお考えでしょう。

 

 

そこで、一番のお勧め
沖縄リゾート婚ではブーケの花材はこれ
アーティフィシャルフラワー

 

 

アーティフィシャルフラワーは、
高級な素材で出来た造花です。

 

 

100均の造花は目にする方多いと思いますが、
アーティフィシャルフラワーは品質が異なりますので、
まるで本物のように見えます。

私も実物を手に取るまでは、
抵抗がありました。

(長年いけばなをしており、生花の良さはよく分かっています)

 

でもこれって食わず嫌いの状態の方が多いと思います。
抵抗がある方は是非一度高級なアーティフィシャルフラワーを手に取ってください。

 

今までの抵抗感は感じないでしょう。

そのくらい違和感はありません。

さらには、
生花よりアレンジの幅も広がり、
初心者の方でも扱いやすいので、
こだわりの結婚式を準備中の花嫁さまは、
一度は手にとっていただきたいです。

 

 

造花に抵抗がある方へ

プリザーブドフラワーのブーケもお勧めしております。

 

プリザーブドフラワーは、本物の生花の色を抜き、着色・加工をしております。

 

ただ、水や風に弱くリゾート婚用のブーケには、やや不向きかと考えています。

プリザーブドフラワーを取り入れたい場合は、
会場装飾や、リングピローなど、
室内で飾るアイテムへ取り入れることをお勧めします。

ただ、運搬にも注意を払って、
丁寧に扱う必要がありますので、
プリザーブドフラワーでのアイテム数は、1〜2個に留められたほうが、
当日の破損の心配が減ります。

 

 

総合的に考えて、
アーティフィシャルフラワーで
ブーケのご準備をされることをお勧め致します。

 

是非当サロンにて、
アーティフィシャルフラワーの色の種類の多さを感じ取っていただき、
一番似合う色を一緒に探しましょう。

 

リゾート婚の花嫁さまのお手伝いを精一杯させていただきます!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

リゾート婚専門 瞳の色に合わせた ウェディングブーケサロンhariyun flowerを主宰。 米国パーソナルカラーの理論に基づいて、 一人一人に似合う色を体系的に診断して、 一番似合う色を使ったブーケ・アイテムをレッスンしています。