丁寧に生きることの大切さ…

埼玉県戸田市
ウェディングブーケサロン hariyunflower
瞳に合わせたウェディングブーケデザイナー 手島ちひろです。

 

少し暖かさも感じてきて
春も近づいてきましね。

 

当サロンではアーティフィシャルフラワーを使っているので、
どの季節でも理想の花材を使ってブーケをお作りいただけますが、
春はやっぱり季節を感じたくなります。

春は花がたくさん咲いて自然と笑顔になりますね。

 

 

暖かい季節になると新しいことに挑戦したくなりますよね。
でもここで考えいただきたいことが、
毎日を丁寧に生きているか。

毎日使っている

手帳やペン。

キッチンや調理器具。

お気に入りの洋服。

 

新しいことを手に取る前に
自分の良く使う物を丁寧に扱っているか考えてみて。

 

なぜこんな気持ちになったかと言うと、
物には想いが詰まることを感じたんです。

 

先日いけばなの展覧会へ行きました。
そこでは何年もいけばなをされている
ベテラン先生の作品ばかり展示されていたのですが、
どの作品のエネルギッシュだったんですよね。

皆さん、何年もいけばなを勉強しているので、
作品を作る技術も、もちろんありますが
積み上げてきた人生のストーリーも垣間見れたんです。

 

それは花を生けるための道具にも
そのストーリーは吹き込まれていると思います。

 

上手く行く日も失敗する日も
使っていた道具たち。

 

積み重ねてきた想いがたくさん詰まっていますね。

このことに気がついたら
ウェディングブーケサロンで使っている道具は
たくさんの花嫁さんの手に触れて
たくさんの幸せが回っているんだなと感じたんです。

 

幸せの循環。

 

目には見えないけど、とっても、大きな力です。

 

新しい季節。

新しいことを始めるだけでなく
目の前のことを大切にするのも良いもんだ。

 

アーティフィシャルフラワーのウェディングブーケは
花材の原料は布のため、
長期に飾って楽しむことができます。

幸せな結婚式のウェディングブブーケを長く
丁寧に、大切に飾ることが出来るのってとっても幸せなことだなと改めて想います。

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

瞳の色に合わせた ウェディングブーケサロンhariyun flowerを主宰。 米国パーソナルカラーの理論に基づいて、 一人一人に似合う色を体系的に診断して、 一番似合う色を使ったブーケ・アイテムを製作しています。