ビーチフォトのブーケは太陽光の写りを考える

こんにちは。
瞳に合わせたウェディングブーケデザイナー 手島ちひろです。

 

本日はビーチフォトをする時の
ブーケの見え方についてお届けします。

 

 

ビーチは思ったより眩しい

 

あなたは、
ビーチに行く機会はどのくらいありますか?

 

 

毎日…なんて人多分いないと思う。。笑

 

そう、なので、
写真で見ることが断然多いのですが、
海へ行った記憶をなんとか思い出してください。

 

こんなに明るいんだ〜〜

改めて考えると、そう思いませんか?

 

 

 

 

そうなんです。

ビルや家などの
太陽光を遮る光りがない空間って
普段感じられない明るさなんです。。

 

そこで、

注意するポイント!!!

 

あなたの顔

太陽光に負けてませんか???

 

 

ビーチでは360℃自然光が差し込むため
写真を撮ると、白とびすることが多々あります!!

そこはカメラマンさんが
白とびしていない写真に仕上げてくれますが、
問題は、目で見た色に写真がならないということです。

 

白とびを防ぐために
カメラ機能や撮影後に修正が入ります。

 

つまりビーチでは、見たまんまの色にならない!

 

 

ドレスやブーケに
色が負けていると

顔が埋もれた印象になりがちです。

 

ビーチに負けないためには・・

そこでおすすめなのは、

瞳の色に合わせて
あなたと調和の取れた色で
ウェディングブーケで色補正するのです。

 

対比するような色だと
どうしても、美しい海と、目立つブーケに目がいってしまい…
顔が埋もれたイメージの写真になります。

 

もっと素敵なビーチフォトになるように
あなたを引き立てるウェディングブーケを選びましょう。

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

リゾート婚専門 瞳の色に合わせた ウェディングブーケサロンhariyun flowerを主宰。 米国パーソナルカラーの理論に基づいて、 一人一人に似合う色を体系的に診断して、 一番似合う色を使ったブーケ・アイテムをレッスンしています。