ピンクのブーケは似合わない?その思い込みがブス見えの原因

ピンクはお好き?♡

 

女性ですと、ピンク色が好きな方多いのではないでしょうか
でもたまに、
『ピンクは似合わないので…』とおしゃる美人さんがいます。

 

違います!!

ピンクが似合わないのではなく、
似合わないピンクを身につけているのです。

 

ピンクも大きく分けると2種類あります。

 

①黄色と相性の良いピンク

②青と相性の良いピンク

 

どちらもピンクなんですが、
似合わないピンクを身につけると、老けて見えたり、若作りしたようなチグハグな雰囲気になります。

 

 

私も失敗ばかり…

 

私もメイクの時に、チークに関しては
ピンクは似合わないと思い込んでいました。

 

いつもオレンジ系ばかり使っていました。

 

でもある日、すっごく顔が疲れて見えることに気がついて、
このオレンジ、私の瞳にあっていないなと感じました。

コスメカウンターで相談して、
瞳にあったピンク色をつけてもらった所、
肌が若々しく見えるようになったのです。

オレンジのチークを使っている中で、いつの間にか
『ピンクのチークは似合わない』と
自分で思い込んでしまっていたのです。

 

 

思い込みを取り払うには

 

ピンクが似合わない…という思い込みを解除するには、
一度瞳に合わせた花を持って鏡に向かうことで
思い込みを解除できます。

似合うピンクは、

✔️青色と相性の良いピンクかでしょうか?
✔️もしくは黄色と相性の良いピンクでしょうか?

きっとどちらかのピンクが瞳にぴったりで、
より美しく見えるでしょう。

瞳に合わせたピンク色の花をベースに
1番美しく見せるウェディングブーケを作れば、自分が思っていた以上に美しい花嫁姿になるでしょう。

もうピンクが似合わないとは言わせませんよ^^

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

リゾート婚専門 瞳の色に合わせた ウェディングブーケサロンhariyun flowerを主宰。 米国パーソナルカラーの理論に基づいて、 一人一人に似合う色を体系的に診断して、 一番似合う色を使ったブーケ・アイテムをレッスンしています。